大阪で任意売却のご相談は㈱ベクトルへ。住宅ローン滞納・差押等お任せください!

logo3.png

メール相談資料請求無料相談

フリーダイヤル

離婚した相手が住宅ローンを滞納した場合でも、自分に責任が発生する場合があります。何に注意すればよいのでしょうか?

離婚後、元夫が住宅ローンを滞納していて、銀行から保証人である元妻に支払うよう督促が来て困っているという状況の方がおられました。住宅購入の際に、お互いが連帯保証人になっているケースが多いのですが、この場合、住宅ローンを滞納している期間が数か月続くと競売にかけられてしまい、任意売却という選択肢を失ってしまいます。つまり、競売で落札されてしまうと、家を失い、さらに多額の借金が残ってしまうのです。離婚して、自分だけが住宅ローンを支払わなければならない、と納得のいかない事ですが、連帯保証人になってしまっている以上は、法律がそれを許してはくれないのです。

離婚後、夫婦一緒に購入したマイホームの住宅ローンを滞納し、返済できなくなっている場合、それを解決する方法は2つあります。1つ目は競売にかける。2つ目は任意売却。もちろん親戚や知人に返済を立て替えてもらうという選択肢もありますが、それもなかなか難しいのが現実です。

1つ目の競売の場合は、主導権は落札者にあるため、もし、あなたが今もその物件に住んでいる場合は退去命令が出るとすぐに退去しなければなりません。また、周囲に競売となったことが知れ渡ってしまい、精神的にかなりのダメージを受けてしまいます。また、落札されたから債務がゼロになるわけではなく、相場よりも安く落札されてしまうので、多額の債務が残ります。

2つ目の任意売却の場合は、相場に近い価格で売却することが可能なため、残りの債務を少しでも減らすことができます。また、買主と相談ができるので、引越しの時期も要望を聞いてもらえ、周りに事情を知られずに売却できるため、精神的にもダメージが少なく、先の見通しを立てて、新しい生活の準備ができます。

ただでさえ、離婚して、精神的に辛い状況であるのに、さらに住宅ローン滞納によって競売にかけられる、という更に最悪な状態にならないためにも、まずは最善の方法がとれるよう、専門家に相談するのが一番ではないでしょうか。

お問合せお問合せ

24時間メール相談24時間メール相談

資料請求資料請求