大阪で任意売却のご相談は㈱ベクトルへ。住宅ローン滞納・差押等お任せください!

logo3.png

メール相談資料請求無料相談

フリーダイヤル

住宅ローンを滞納した状況で放置しておくと、家を失った上に、多額の借金が残ります。そうなる前に、まずは相談をすることをオススメします。

始めは家賃と住宅ローンと比較して、住宅ローンの方が、安くてお得感があり、最終的には、その物件が自分のものになるという事から、住宅を購入するための住宅ローンを組まれる方は多いのではないでしょうか。
確かに、同じ額であれば、家賃よりも住宅を購入した場合の方が質の高い住まいに住める事が多いと思います。しかし、会社の倒産、不景気、リストラなど、仕事が急にきつく、厳しい状況におかれる場合もありますし、子供の学費の出費や、健康を害して働けなくなってしまったなど、生活の状況が変化することがあります。
そうすると、今まで支払っていた住宅ローンの支払がきつくなります。賃貸のように気軽に引っ越しが出来るわけもなく、想像以上に、月々の返済は生活を圧迫してきます。親類に相談したり、何とか頑張ってやりくりしても、滞納してしまっているという方は、このまま滞納し続けたらどうなるのだろうか? せっかくのお家を取り上げられてしまうのだろうか?でも、月々の返済はできない!といった事で悩まれておられるでしょう。

 まず、住宅ローンの滞納が続くと、銀行や住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)から督促がきます。そして、それでも滞納している場合は、今すぐにローンを一括返済してください。できなければ競売にかけます!という、警告が来て、マイホームを競売にかけられて、強制的に立ち退かされ、家を失ってしまう事になってしまいます。競売で落札されたからといって、残りの借金がゼロになるわけではありません。また、その返済も一括返済を求められます。マイホームを無くした上に、多額の借金が残ってしまう競売という最悪の事態を防ぐには「任意売却」という方法があります。少しでも、自分の負担の少なくするためには、まず専門家に相談することが重要です。

お問合せお問合せ

24時間メール相談24時間メール相談

資料請求資料請求