大阪で任意売却のご相談は㈱ベクトルへ。住宅ローン滞納・差押等お任せください!

logo3.png

メール相談資料請求無料相談

フリーダイヤル



ローンが2,000万円残っていて、実際に売れる価格が1,700万円の場合は、差額の300万円は現金で用意して頂かなくてはなりません。
さらに不動産屋さんにお支払する仲介手数料等も含めると、あと数十万円から100万円程は用意して頂く事になります。
そのお金が用意できない場合は、自宅の売却は出来なくなります。
それでも、ローンの支払いが苦しいので、何とかしたいとお考えの方は、『任意売却』という形で、売却する事が可能です。
『任意売却』とは、ローンの全額返済は不可能だけれども、債権者(借入金融機関)と話し合いのもと同意(許可)をもらって売却をする事です。



本来債権者(借入金融機関)は不動産の売却時にローンを全額完済してもらうのが目的ですが、債務者(ローンを借りた人)が病気や失業などにより払えなくなってしまうと、貸したお金が返ってきません。そうなった場合に債権者(借入金融機関)は競売という方法で強制的に不動産を売却して貸したローンの回収を行います。
しかし、競売には、申し立てのための費用(100万円程)がかかる上、競売では普通に売却するよりも安い金額でしか売れません。イコール貸した金額よりもはるかに下回る金額しか回収ができません。その為、債権者(借入金融機関)もできれば競売を避けたいと考えています。
その為『任意売却』とは、債務者(借りた人)だけではなく債権者(貸した人)にとってもメリットがあります。
しかしローンを払っていける人が、差額分を納めずに売却する事は、債権者は認めてくれません。任意売却は、あくまで支払っていく事が困難で、どう頑張っても差額分を支払うことが出来ない人の為の救済手段となります。



当然残ったローンは払っていかなくてはなりません。しかし今まで通りに払えない事は債権者(借入金融機関)も分かっているので、債権者(借入金融機関)と相談のうえ『生活の範囲内で、返済の出来る金額』で返していく事になります。



今まで住んでいた家ですし、子供の校区や慣れた生活環境から離れたくない人もいらっしゃるでしょう。一定の条件を満たせば、『リースバック』(賃貸契約)または『買戻し』という方法で住み続けられる場合もあります。しかし、あくまでも売却ですので、所有権の移転や名義変更は必要です。



自己破産と任意売却はイコールではありません。基本私どもでは、住宅ローンだけの借金しかない場合には一切、自己破産を進めていません。もしもその他にクレジットのカードローンや消費者金融等の借金がある場合には、まず①任意売却をする。そして次に②自己破産の手続きをしていただく方がよいと考えています。
そのメリットとしては、任意売却では引越費用の捻出が可能です。その費用を元に次の生活をスタートしていただき、もしも売却後に自己破産をご希望の場合には、その後に当社顧問弁護士もしくは提携司法書士に依頼をして手続きをしていただく事が可能です。
しかし、任意売却と自己破産の両方手続きを取ると決めている場合には、任意売却と自己破産の手続きを並行して進めていきます。その場合、現在支払中のカードローン等の支払いは一切ストップする事ができますので、生活がとても楽になると思います。※弁護士への相談料等は一切不要です。



『任意売却』はローンの支払いがストップしてしまっている状態、もしくは今後任意売却をしたいと考えている場合は、まずはローンの滞納が必要になりますので、滞納の履歴が個人信用情報(ブラックリストとよばれているもの)には記載されてしまいます。この場合におきましては、先方5年間~10年間は新たにローンを組んだりカードを新規契約することが出来ません。
しかしそれ以外の生活に支障をもたらせてしまうようなことは無いのでそこまで心配する必要はありません。



不動産の売買ですから当然、買主がいて価格が折り合わなければ契約は成立しません。
金融機関が競売の取り下げ、もしくは延期を申し出なければそのまま競売へと移行してしまいます。

お問合せお問合せ

24時間メール相談24時間メール相談

資料請求資料請求