大阪で任意売却のご相談は㈱ベクトルへ。住宅ローン滞納・差押等お任せください!

logo3.png

メール相談資料請求無料相談

フリーダイヤル

最近、当社に依頼されるご相談者様の方で以下の様な理由の方が増えてきました。

『今現在、不動産会社に任意売却の依頼をしているが、全く連絡が無いので不安です。』
『他社に頼んでいますが、競売の入札日が迫ってきていますので、競売になるのでしょうか?。』

なぜこういった事になるのか?

通常不動産売却の依頼をいただいた際に、『一般媒介契約』『専任媒介契約』『専属専任媒介契約』を依頼者様と結びます。

『一般媒介契約』の際は、宅地建物取引業法で依頼者に業務の報告する義務は課されておりませんので、業務の処理状況を定期的に売主様に報告する会社は少ないです。

しかし『専任媒介契約』『専属専任媒介契約』には、それぞれ『2週間に1回』『1週間に1回』以上、報告をする『義務』が課されています。

任意売却の場合は『専任媒介』もしくは『専属専任媒介』を依頼者様と不動産会社が契約をしないと、債権者は『任意売却の手続きに応じてくれません』

なので、任意売却の依頼を受けた不動産会社は、依頼者様に対して『100%報告をしているはずです』

しかし、現実には『依頼を受けたが何も報告をしていない不動産会社が存在しています』

任意売却の場合は、ただでさえ『競売』や『残った借金の返済方法』という不安でいっぱいです。
その不安を取り除いてあげるために『任意売却専門の不動産会社』が、存在していると思います。
『宅地建物取引業法で定められているから、報告する』ではなく
『売却を依頼してくれた、売主様のために報告するのが当たり前です』

当社では、専任媒介契約を結ばれた方に対して『必ず2週間に1回』業務の処理報告として、『文書の郵送、もしくはメールでの報告をしております』

今までご依頼をされた方から『連絡が無いから不安』などのクレームを頂いた事は一度もありません。

今現在、任意売却を依頼されている方で、『不動産会社からの報告が無い方』は、一度任意売却の依頼の解除をされた方が良いと思います。

当たり前の義務をする事が出来ない会社は、当たり前の仕事も出来ないはずです。

実際に今まで他社に依頼していた為に、競売を回避する事が出来たはずが、出来なかったケースなどを見てきました。

正当な事由のある場合の『媒介契約の解除』では、損害金などを請求される事はありません。

少しでも依頼先の不動産会社に不安を感じた場合は、違う不動産会社に『相談』だけでもする事をお勧めします。

まともな不動産会社は『丁寧な対応をしてくれます』ので、ご安心下さい。

関連記事
〇金融機関から紹介される「任意売却 不動産会社」について


vector bukkenitiran bana.jpgvector bukkenitiran bana.jpg

お問合せお問合せ

24時間メール相談24時間メール相談

資料請求資料請求