大阪で任意売却のご相談は㈱ベクトルへ。住宅ローン滞納・差押等お任せください!

logo3.png

メール相談資料請求無料相談

フリーダイヤル

税金の滞納 

2014年10月26日

 

 

不動産(自分の家)などに固定資産税(自分の家にかかる税金)や税金の滞納があった場合、どうなるでしょうか?

 
その場合、国によって不動産が、差押えられてしまいます。

 
差押えは、債権者の権利の実現のため、国が債務者に、財産の処分を禁止することをいい、強制執行(競売など)の前の段階で、

財産を処分されるまでの間の時間的余裕があることが特徴です。

 
この処分禁止措置が強制執行の開始する前に行われる理由は、開始の決定があったにも関わらず、

自己の財産をいつまでも債務者が自由に処理できる状態にしておくと、

債務者は執行を免れるためにと隠蔽や財産の譲渡を行う可能性があるからなのです

 
強制執行が決まり、処分されたくないと感じた債務者が、処分されたくないばかりに不動産を売ってしまうということが出来てしまうのですね。

 
では、債務者の立場としてはどうしたらよいのでしょうか?
そのためには税金を払うことが必要ですね。

 
本人による納付の他に、代理でも納付できますが、方法は、特別な事情がない限り、支払う他にありません。

 
これは、法律によって定められているので仕方ないです。

 
とはいっても、大事な自分の家ですからどうしたらよいか考えなければなりません。

 
支払えないとなれば、路頭に迷うことになってしまいますので。

 
おすすめの方法としては、管轄の公共団体に行って差押えは免れたい、払える分だけ払うから差押えは待ってくれと事情を説明することが一番かと思います。

 
役所も鬼ではありませんから、みすみす一人の人間をホームレスにするようなまねはしないでしょう。

 
もしそれでもだめだと言ってくるようなら、担当の人を変えて相談することも考えてみると好転するかもしれませんね。

 

人気ブログランキング バナー

住宅ローンの支払いが苦しくなった際にするべき事

 

お問合せバナー

2014年8月16日

 

納税は、国民の大切な義務になっているので、きちんと納めなくてはなりません。

 
ボーナスがカットされるなどの収入減があったり、自営業の仕事がうまくいかないと、

固定資産税などの税金を滞納してしまっている方が増えています。

 
滞納をすると、税務署や市役所などに大切な不動産を差し押さえられてしまいます。

 
督促状が届いても、支払いをすることが出来ない場合は、大切な不動産が競売にかけられてしまうので、

注意をするようにしてください。

 
誰にも相談することが出来ず、悩んでいる方は、

信頼できる司法書士や弁護士が在籍している事務所に相談をするようにしてください。

 
競売にかけられてしまうと、市場価格よりも安い価格で、売却されてしまうため、手元にお金があまり残らず、

残債務もかなり残ってしまいます。

 
債権者にとっても、競売の場合は、残りの債務があまり回収できなくなってしまいます。

 
固定資産税は、納税通知書が届いてから、期日内に支払わないと延滞金が発生してしまうため、

なるべく滞納しないようにしたいものです。

 
信頼できる専門業者に相談をすると、悩みを解決するためにアドバイスをしてもらえるので、

店頭の足を運ぶようにしてください。

 
不動産を差し押さえられると、すぐに退去しないというイメージがありますが、そのまま住み続けることができます。

 
任意売却を依頼すると、市場価格に近い金額で売却が可能になりますし、高く売却できる時期まで、

待つことが可能になっています。

 

人気ブログランキング バナー

住宅ローンの支払いが苦しくなった際にするべき事

 

お問合せバナー

2014年6月4日

 

株式会社ベクトルの西真由美です。

 

 

先日、販売活動をさせてもらっている任意売却のマンションの購入希望者の方がみつかり

その不動産に税金の滞納による差押えが付いていたので、差押えの解除のお願いに

大阪市内の市税事務所に行ってきました。

 

 

税金の滞納額は、延滞金を含め約250万円です。

 

 

今回の債権者(借入先金融機関)は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の抵当権があります。

 

 

住宅金融支援機構は、明確なルールがあり、税金の差押えの解除の費用負担は

1、優先税については、全額

2、優先税以外で差押えがある場合は、10万円又は、固定資産税1年分のいずれか低い金額

というルールがあります。その内容を、市税事務所の方にお伝えし、なんとかその条件で

差押えの解除をお願いしますと伝えました。

 

 

プラスこちらも他にできる事を考え、不動産の引き渡し時に、売主買主間で

『 固定資産税の日割清算 』 を行います。

 

 

たとえば、6月15日に、引き渡しを行う場合だと、今年度(平成26年度分)の

◆売主さまの負担分は、平成26年4月1日~平成26年6月14日まで。

◆買主さまの負担額は、平成26年6月15日~平成27年3月31日まで。

この買主さまから頂戴する、日割り清算金を、不動産の売却時に、市税事務所や、

役所に納付をしますと約束をしました。

 

 

最終、売主様と来週一緒に市税事務所に行き、残る税金の納付計画を立てる約束になりましたが、

おそらく問題なく差押えの解除交渉はできる予定です。

 

 

なぜ250万もの滞納があるのに、10万プラス買主様からもらう固定資産税の日割り清算金のみで

解除できるかというとそれぞれ、市税事務所や、役所によって大きく異なります。

 

 

今回の市税事務所は、過去に何度も差押え解除の交渉をした事があるので、このような結果になる事は

予想はできていました。

もちろん、購入者が決まる前から、前もって市税事務所には 『 任意売却 』 をするので、購入者が決まった時には

差押え解除の相談にのってほしいと挨拶には行っていました。

 

 

たとえば、これが他の市税事務所や、市役所で、全額納付をしないと、差押えの解除をしないと言われる役所の場合は

まず、売主さまに、売却するまでの期間、住宅ローンの支払いはストップして多少なりとも余裕ができている方も

多いので、優先的に税金の滞納分を支払ってくださいと、お願いをしています。

 

 

そうする事によって、売却までの数ヶ月間の販売期間の間に税金の滞納分は減ってきます。

最終、購入者の方が見つかり、税金の差押えの解除交渉をする際に、役所の方も相談にのってくれます。

 

 

税金の納付は国民の義務です。たとえ破産したとしても、税金の滞納分は消えません。

不動産を所有するという事は、固定資産税の支払いも必ず必要になってきます。

もしも固定資産税や、税金の支払いが苦しい場合は、役所の窓口へ分納の相談に行くようにしてください。

 

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

 

2014年5月26日

 

皆さんは自己破産という言葉を聞いたことがあると思います。

 
例えば経済的に借金などの返済が出来なくなってしまった場合、手続きをして認められれば処理できます。

 
借金と聞いてカードローンでしたり、銀行や消費者金融からの借り入れをイメージしますが、それだけではありません。

 
世の中には課税が経済的に難しい方もいらっしゃいます。

 
住宅ローンや税金も滞納すると差押えという処分がくだされる場合があるでしょう。

 
その後は競売にかけられて、自分の権利ではなくなります。

 
不動産には一戸建てだけではなく、土地やマンション、または会社などもごさいます。

 
もちろん今日、明日に立ち退きしなさいということではなく、決まった期限がきちんと設けられてはいますが、

どちらにしても引っ越しをしなければいけません。

 
引っ越しをするにもお金がかかりますよね。

 
出来ればそうなる前に、きちんと市役所に相談をしましょう。

 
税金の支払いを引き延ばしにすればするほど、税率は上がると思いますので、まずはきちんと市役所に申告しましょう。

 
万が一、差押えになったからといって、今まで滞納してきた税金を払わなくて良くなるというわけではないのです。

 
一番良いのは正直に申告をするということです。

 
国民として支払いの義務はありますが、放置するのはよくありませんよね。

 
今まで頑張って培ってきた不動産を、そう簡単には手放したくないでしょう。

 
わざと滞納をする方はいらっしゃらないと思いますが、まずは相談し、分割などの手段をとりましょう。

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

2014年5月14日

税金を支払う事は、日本では労働・教育と共に3大義務となっています。

 
殊に直接お金に関係する納税の義務では、税金は国や地方収入の礎となるために特に重要となっています。

 
税金の支払いを滞納したときには、まずは流動性の高い銀行預金等から回収をされますが、

預金等の残高が支払い額に足りないときには、その人が不動産を所有しているならば、

その不動産を差し押さえられる事があります。

 
不動産の差し押さえには、所有権の移転が禁止されるので売買を制限される事や、

その価値を下げるような破壊等の行いをする事も禁止されます。

 
それでも一旦差し押さえられた物件や土地等の使用を制限される事はなく、引き続き使用する事は可能のようです。

 
差し押さえによる制限については、処分の制限だけでなく土地や建物の登記簿にその旨が記載されます。

 
登記簿にそれらの事項が記載されると、信用調査でも評価が下がる原因となるようで、

貸し付け等についても制限をされる事が多いようです。

 
その理由は、滞納金の支払いが優先されるために貸付金等の返済にお金が回らない可能性が大きくなる事が言えるようです。

 
特に健全な金融機関では取引に応じてくれる所は無くなると考えても過言ではないようです。

 
もしも支払うお金が無いために滞納をしてしまった場合は、市町村や税務署等に相談をする事が賢明のようです。

 
支払いの意思のある人に対して公共の機関では、何が何でもすぐに差し押さえをするような事はしないという事です。

 
その場合には分納の手続きをする事も出来るようなので、まずは相談をする事が大切であるようです。

 

 

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

2014年4月20日

税金を滞納して督促を受け、そして差し押さえがかかって、競売・・・・

 

税金を滞納するとこのような流れになりますが、

これはあくまでも法律的なことを行っているだけで、実際は延滞の解消のための話し合いを持つはずです。

 
延滞する以上その原因はあるはずで、そのことを正直に話して、そしてここが重要ですが、

延滞を解消する意思があることを市役所の担当者や税務署に見せてください。

 
例えば不動産があればそれを任意売却などで、これまでの延滞を解消する意思を見せることが大切なのです。

 
例えば固定資産に絞って話をすると、固定資産税は自己破産しても、不動産の名義がそのままであれば、

継続して課税されます。

 
債務ならば契約なので自己破産をすると、それ以降の債務は逃れることが出来ますが、

税金は契約でもなんでもなく義務なのです。

 
市役所が、差し押さえを不動産にかけても、抵当権があれば、競売で落札されても、

先取り特権は最近では認められないケースが多くあります。

 
市役所としても、延滞解消のための誠意を見出せたら手荒なことはやりにくいはずで、

よく話し合うことが重要になってきます。

 
固定資産税は自己破産をしようと逃れることは出来ません。

 
それを解決するには税発生の源を断つことが大切で、任意売却などを検討すべきです。

 
そして延滞分は自分の今出来る範囲のことをよく説明して納得してもらうことと、

一度それを約束したら間違いなく履行することではないでしょうか。

 

 

お問合せバナー

2014年3月26日

「滞納処分」という言葉はご存知でしょうか?

 
これは、税金の納付期限を過ぎても尚、滞納を続けると肩代わりに不動産を差し押さえて処分するこというものです。

 
税金の支払いは国民の義務なため、原則として支払いを逃れることはできません。

 
支払えないからといってすぐにどうこうなるものではないのですが、

督促を無視し続けて支払いの姿勢を見せなかったりすると債権回収として、

滞納する国民の財産を差し押さえる権利が執行されてしまうでしょう。

 
初めに差し押さえられる財産は給料や貯金なのですが、それでも回収できないとなれば次は不動産です。

 
例えば、一軒家、アパート、マンション、土地などがあります。

 
差し押さえは強制ですので、執行されたら回避することは基本的には不可能と思ってください。

 
もしも回避したいのなら、督促状通知が来た時点で税務署に出向き相談をするなど、

何かしらの行動を示せば無理やりに差し押さえられることはありません。

 
さて、万が一差し押さえられたら、不動産は失うことになります。

 
そして競売にて売却されてしまうでしょう。

 
ただし競売したからと言って、今までの支払っていない税が免除されるわけじゃありません。

 
まず初めに競売による売却金額を税金の支払いに充てて、それでも残る税に関しては支払い義務が続きます。

 
いずれにしても溜め込まないできちんと支払うことが大切ですが、

日本には国民の生活を守る制度もあるため、支払いが厳しいと感じたら何をおいても相談をするということが重要です。

 

 

弊社では税金についてのアドバイスも出来ます。任意売却された後のサポートも充実しておりますので、

ご相談者様みなさまから大変喜ばれております。お金についてお悩みの方は是非一度ご相談下さい!

 

 

お問合せバナー

2014年3月15日

皆さん、税金を支払うというのは国民の3大義務のひとつですが、きちんと納税していますか?

 
中にはどうしても商売がうまくいかず、とか、生活が苦しくて、税金を納めたくても納められず、

とうとう財産を差し押さえられてしまう、という最悪の結果になってしまうこともあるのです。

 
この場合、税務署から督促状がきて、10日以内に支払いをするようにと指導があります。

 
しかし、これにも応じられない場合、滞納者は、財産を差し押さえされてしまうのです。

 
差し押さえの対象となるものは、価値のあるものから先に差し押さえられていくのですが、

大体は現金、給料、土地や建物などの不動産、貯金、などになります。

 
特に不動産の場合は、競売にかけられます。

 
新聞の告知欄で告知されたり、インターネットのアパート、マンション、

一軒家物件のところでもたまにこういった物件であることが明記されている事があります。

 
これら差し押さえされた物件はやがて、競売にかけられ、売られていきます。

 
競売にかけられると、マーケットバリューの6割安くらいの価格で販売されてしまうので、

自分で売ればもう少しお金になったものも、安く売られてしまい、債務者の下には何も残らない形になってしまいます。

 
このようなことを避けるためにも、まずは滞納をしないようにすることが一番ですが、もし税金を滞納してしまい、

不動産の差し押さえにあいそうな事になってしまった場合は、

是非とも、弁護士さんや司法書士さんにご相談なさってみてください。

 

弊社へのご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

お問合せバナー

2014年2月12日

一戸建て住宅や分譲マンションを購入すると、固定資産税を支払う義務が発生します。

 
これは文字通り、保有している土地や家屋などの固定資産に対して市町村が課す税金です。

 
固定資産税は不動産を保有していれば、必ず支払わなければなりません。

 
もし、支払いが滞ると延滞金が発生します。

 
固定資産税の対象となるのは、毎年1月1日に登録されている資産となります。

 
対象者には市町村から納税通知書が送付されます。

 
納税通知書に記載されている期日までに納税が行われなかった場合、即時に延滞金が発生するので注意が必要です。

 
固定資産税の延滞金は納付期限一ヶ月までは年率7.3%となっています。

 
一ヶ月を過ぎても支払われない場合は年率14.6%となり、放置する程に支払いは高額なものとなります。

 
更に固定資産税の支払いの滞りが続くと差押の対象となることがありますので、出来るだけ早く納税する事が肝要です。

 
では、現在住んでいる家屋が差押の対象となったらどのような事態になるのでしょうか。

 
テレビドラマなどを見て、差押えられた家屋に住む事が出来なくなるイメージを持っている方もいるかも知れません。

 
実際は、その不動産を処分する権利が無くなるだけで、急に立ち退きを迫られるという事はありません。

 
差し押さえの対象となるのは、物件よりも預金などの方が先となります。

 
家屋や土地が差押えられた場合は、所有している不動産の抵当権を認める事で、延滞金の半分が免除される事があります。

 
税金は滞納しない事が一番ですが、もし差押えなどの通知が来ても、冷静に一番良い解決方法を見つける努力をしましょう。

 

お問合せバナー

 

2013年12月14日

実際にあった、お客様からのご相談内容です。

相談者Yさん(59歳)

東大阪市在住

競売の申立後

借入先

1番抵当権者:南都信用保証株式会社(南都銀行)

差押:H市役所

借入先は、南都信用保証のみからでした。

 

南都信用保証は比較的、任意売却を積極的に認めてくれる金融機関です。

今回も、南都信用保証の担当者へ任意売却の意思を伝えたところ、了承していただきました。

しかし問題なのが、H市役所の税金滞納により差押えでした。

 

H市役所の差押え解除の条件は、延滞金も含めて全額納付をしない事には、差押えを解除してくれません。

今回のご相談者Yさんは、会社を個人経営をされていた為、国民健康保険料の滞納分と、固定資産税の滞納で約100万円もの滞納額がありました。

 

この100万円を用意しない事には、任意売却ができません。

Yさんのご自宅は築5年とまだ新しく、購入希望者もすでに見つかり、債権者である南都信用保証株式会社も任意売却のOKをしてくれていました。

 

後は、H市役所の差押え解除のみでした。

債務者であるYさんと一緒に、H市役所に税金の差押え解除の交渉に行きました。

任意売却での買主が決まったので、差押えの解除をお願いしますとお願いしました。

 

答えは、「延滞金を含めて全額納付して下さい」でした。

もちろん、そんな事は無理です…。

何度も何度も、Yさんと一緒にH市役所に行き、交渉をしました。

しかし、すでにYさんのご自宅は競売の申立をされているので、残り時間が1ケ月しかありませんでした。

 

H市役所の担当の方と交渉している中で、お互い歩み寄りが出来ませんかと交渉したところ、「差押え替え」の話がでました。

このまま競売になってしまえば、H市役所には1円も納付できません。

しかし今、任意売却に応じてもらえれば20万円は任意売却の控除費用として20万円は納付できます。

 

今は、不動産という財産を差し押さえていますが、万が一競売になれば、何も差押えする事はできません。そこで今、任意売却に応じる代わりに、別の財産を出してほしいと提案がありました。

具体的な例として、生命保険の積立金や、年金を提供するという内容でした。

 

しかしYさんは、生活が苦しく生命保険もすでに解約してしました。

残りは、来年から受給予定の年金のみでした。そこで、Yさんと相談をして、

1、不動産の売却後に分割の納付計画を立てる。

2、分割計画が実行できなければ、年金を差し押さえる。

という条件でH市役所を交渉をしました。

 

結果は、Hに了承していただき、無事に任意売却をする事ができました。

同じ大阪府内でも、税金の差押えの解除の条件は全く違います。

幸いにも今回は、任意売却をする事ができましたが役所の許可をもらえず、任意売却ができずに競売になる事が多々あります。

 

もし今、住宅ローンの返済に困っている方、滞納されている方は、できるだけ早くご連絡を下さい。

1日でも早く、ご相談いただく事によって選択肢が増えます。