大阪で任意売却のご相談は㈱ベクトルへ。住宅ローン滞納・差押等お任せください!

logo3.png

メール相談資料請求無料相談

フリーダイヤル

不動産 差押え

2014年12月18日

 

差押えとはその差し押さえられた不動産に対する所有者の処分権、売買等を行う権利をはく奪することを言います。

 
これは色々な条件下で起こりうることですが、支払いに対して支払者が支払いの滞納をしていたりした場合、裁判所を通じて督促状などが送られます。

 
その督促状をもって支払い義務を終えればそこまでですが、それでも支払いをしない場合は差し押さえの手続きが取られます。

 
これが行われるには当然、その所有者がはく奪されるだけの財産を持っていなければ意味がありません。

 
しかも、それは建物だけにとどまらず、動産、宝石や時計などや債権についても及んできます。

 
債権とはその人が別の人に請求できる権利を言います。

 
たとえば、誰かにお金を貸していれば、その返済の権利がありますし、駐車場やマンションを持っていればそこからの収入といったものもあります。

 
当然ながら、給料もその一つに加わってきます。

 
不動産の差し押さえを受けるケースとして多いのは、やはり住宅ローンの借り入れを行ったときに抵当権を住宅にかけていて、

先々で住宅ローンの返済に無理が生じてきた時に返済ができなくなったためにその住宅が差し押さえにあい、競売にかけられるといったケースがあります。
これは所有者にしてみれば、競売にかけられ、取り上げられたと感じますが、

ローンを融資した金融会社から見れば貸したお金を現金にて回収できないわけですから、

住宅をものそのものとして自分のものにして現金化してローンの返済に充てるといういたって普通なことでもあります。

 

 

 

人気ブログランキング バナー

住宅ローンの支払いが苦しくなった際にするべき事

お問合せバナー

2014年9月6日

 

「差押え」という言葉は耳にしたことがあるでしょうか。

 
これは、税金や住宅ローンの支払いを滞納することによって、支払いの身代わりに住宅や土地などの不動産を債権者によって奪われてしまうことです。

 
税金の支払いは国民の義務であり、住宅ローンの返済も債務者の義務です。

 
この義務からは、基本的に逃れることはできません。

 
そして、その支払いが適わなくなった時に納税者や債務者の所有する不動産を競売にて売却して、その金額を支払いに充てます。

 
さて、では差押さえられた不動産はどうなるのでしょうか。

 
聞くところによると、「家を出て行かなくてはいけない」「家の中のもの弄れなくなる」「家の中のものまで取られてしまう」などという話もあります。

 
これは、当たらずとも遠からずですが、正しい情報ではありません。

 
法律では、差し押さえられたものに対して売却や取り壊しは禁止していますが、用途に従い利用することは可能です。

 
例えば住宅なら、そこに居住するというようなことです。

 
なので差し押さえられて直ぐにどうこうなるものではないのですが、それを放置し滞納を続けると、初めに説明した競売が行われることになるでしょう。

 
そして、競売にて買い手が見つかると、その住宅の所有者は買い手に移ってしまうので、そうなれば必然的に出て行かなくてはならなくなります。

 
ただし、家の中のもの(家具や家電)に関しては従物ではないので、持ち出すことは可能です。

 
いずれにしても、これを回避するには僅かでも支払い姿勢を見せることが大切でしょう。

 

人気ブログランキング バナー

住宅ローンの支払いが苦しくなった際にするべき事

お問合せバナー

2014年7月15日

 

住んでいる一戸建てを自分のもとから手放すということは、頑張ってきた方にはすごく悲しいことかもしれません。

 
しかし、一戸建てを所有している場合は、当たり前ですが固定資産税がかかりますので、

決して税金は滞納しないようにするべきです。

 
中には購入した当時とは状況が変わってしまい、税金を支払うのが難しくなった方もいるかもしれません。

 
そうなった場合は、滞納した方に対して督促状が発行されます。

 
支払いがない場合、差押えの対象になるということです。

 
もし市役所の所有になってしまったら、その物件は競売に出されて、落札した方のものになり、

お金が振り込まれるという流れなのです。

 
不動産のビジネスを行っている方なら、競売物件に注目したことがあるでしょう。

 
安く物件が手に入る可能性もありますし、ビジネスをされている方にとってはメリットがあるからです。

 
しかし差押えをされている方にとってはどうなるのでしょうか。

 
その場合はただ家が競売にかけられるだけではなく、所有している他の財産にも影響が出るでしょう。

 
例えば土地や宝石、給与などの財産に値するものです。

 
今後の生活を立て直すためには、任意売却などを視野に入れて、強制的な方法を避けるべきかもしれません。

 
その方がスムーズに手続きが出来ますし、損をすることなくマイホームを手放すことが出来ると思います。

 
一番は税金を滞納しないことですが、それぞれの事情があるかもしれません。

 
不動産の知識を高めましょう。

 

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

 

2014年7月9日

 

不動産を手放す時には誰しも高い値段がついてほしいと思うものです。

 
その点でいうと競売と任意売却では同じものを売るにしても価格が大きく違ってくるのは間違いないので、

手放す理由が住宅ローンや税金といった負債のせいであるなら、

少しでも高く売却できる後者を選択したいと考えるのは当然の成り行きです。

 
ただその時に問題になってくるものが、差押えです。

 
売りたい不動産が差押え状態になっていると自分から自由に売りに出す事は原則的に出来ませんから、

競売でしか不動産を売却できないと考えられがちです。

 
でも一度差押え状態になっても解除してもらうことは可能なので、競売以外での売却をあきらめる事もないのです。

 
その解除条件はほとんどの場合だと、滞納している住宅ローンや税金を一括返済できたら可能、

とするケースが多いですが、その条件を満たせるならそもそも返済が滞ることもないように思います。

 
なのでここは難しい一括返済ではなく、専門家の腕の見せ所といえるでしょう。

 
最近では競売よりも任意売却することで手元に入る金額を増やし、

結果として住宅ローンや税金の滞納を少しでも減らす方法を相手方に提案する交渉を仕事にしている人達がいるのです。

 
規定通りに処理をすすめたがる役所の場合だと、

個人的に出向いて任意売却の良さを説明しても受け入れてもらえないかもしれませんが、

その手の専門家であるならまず話を聞いてもらえる可能性が増えます。

 
それに交渉にも慣れているでしょうから安心して任せられます。

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

2014年6月23日

 

自営でのお店や事務所を構えて頑張っておられる方は、世の中たくさんいらっしゃると思います。

 
夢を持って自分の力で起業し、

安定した売上を作っていつかは大きい家を建てたいと夢を叶えるのは素晴らしいことだと思います。

 
しかし自営というのはなかなか難しいもので、中には良い結果が出ずに、

借金などで不動産の差押えの対象になってしまった方もいるでしょう。

 
固定資産税でした、月々のローンを支払う経済能力が低下し、

所有している物件を手放さなければいけないという悲しい現実もあるようです。

 
しかしそうなってしまう前に、いくつか手段があります。

 
まずは任意売却を視野に入れることです。

 
任意売却というのは、決して強制的なものではございませんし、

なおかつ差押えの登録がされたあとでも手続きが出来るのです。

 
意外とあとからは出来ないというイメージがあるかもしれません。

 
あとからでも可能ですが、時間を考えると早めに決断をするのが賢いかもしれませんね。

 
あとは不動産の担保ローンです。

 
こちらも専門家に相談し、可能な条件が揃えば融資を受けることが出来るでしょう。

 
いち早くゆとりのある生活を立て直すには、差押えの解除をするために動くのが良いと思います。

 
中には担保ローンという方法で10年組んで、新しい生活を立て直している方もいらっしゃいます。

 
滞納した金額が減るわけではありませんが、大切な不動産にたいして強制的な手段をとられなくて済むかもしれません。

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

2014年6月4日

 

株式会社ベクトルの西真由美です。

 

 

先日、販売活動をさせてもらっている任意売却のマンションの購入希望者の方がみつかり

その不動産に税金の滞納による差押えが付いていたので、差押えの解除のお願いに

大阪市内の市税事務所に行ってきました。

 

 

税金の滞納額は、延滞金を含め約250万円です。

 

 

今回の債権者(借入先金融機関)は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の抵当権があります。

 

 

住宅金融支援機構は、明確なルールがあり、税金の差押えの解除の費用負担は

1、優先税については、全額

2、優先税以外で差押えがある場合は、10万円又は、固定資産税1年分のいずれか低い金額

というルールがあります。その内容を、市税事務所の方にお伝えし、なんとかその条件で

差押えの解除をお願いしますと伝えました。

 

 

プラスこちらも他にできる事を考え、不動産の引き渡し時に、売主買主間で

『 固定資産税の日割清算 』 を行います。

 

 

たとえば、6月15日に、引き渡しを行う場合だと、今年度(平成26年度分)の

◆売主さまの負担分は、平成26年4月1日~平成26年6月14日まで。

◆買主さまの負担額は、平成26年6月15日~平成27年3月31日まで。

この買主さまから頂戴する、日割り清算金を、不動産の売却時に、市税事務所や、

役所に納付をしますと約束をしました。

 

 

最終、売主様と来週一緒に市税事務所に行き、残る税金の納付計画を立てる約束になりましたが、

おそらく問題なく差押えの解除交渉はできる予定です。

 

 

なぜ250万もの滞納があるのに、10万プラス買主様からもらう固定資産税の日割り清算金のみで

解除できるかというとそれぞれ、市税事務所や、役所によって大きく異なります。

 

 

今回の市税事務所は、過去に何度も差押え解除の交渉をした事があるので、このような結果になる事は

予想はできていました。

もちろん、購入者が決まる前から、前もって市税事務所には 『 任意売却 』 をするので、購入者が決まった時には

差押え解除の相談にのってほしいと挨拶には行っていました。

 

 

たとえば、これが他の市税事務所や、市役所で、全額納付をしないと、差押えの解除をしないと言われる役所の場合は

まず、売主さまに、売却するまでの期間、住宅ローンの支払いはストップして多少なりとも余裕ができている方も

多いので、優先的に税金の滞納分を支払ってくださいと、お願いをしています。

 

 

そうする事によって、売却までの数ヶ月間の販売期間の間に税金の滞納分は減ってきます。

最終、購入者の方が見つかり、税金の差押えの解除交渉をする際に、役所の方も相談にのってくれます。

 

 

税金の納付は国民の義務です。たとえ破産したとしても、税金の滞納分は消えません。

不動産を所有するという事は、固定資産税の支払いも必ず必要になってきます。

もしも固定資産税や、税金の支払いが苦しい場合は、役所の窓口へ分納の相談に行くようにしてください。

 

人気ブログランキング バナー

お問合せバナー

 

2014年5月19日

 

 

一軒家に住むときには、定められた固定資産税を納付しなければならない規定があります。

 
納付や差押えの勧告に対応しないままでいると、やがて家が市役所に差押えられて、

家などの不動産の所有権が市役所側に移る事になります。

 
所有権が市役所側に移った場合は、不動産などの家をそのまま放置をするのではなくて、競売としての物件にかけるのです。

 
つまり、税金を納めなかった分の補填として、競売としての物件として競売に勝った人が、

市役所に競売物件として買ったお金を納入します。

 
市役所に家などの不動産が移る事は、強制執行の一環であるので、個人での対抗手段はない事です。

 
ただし、強制執行によって、差押えられた家に関する異議の申し立てに関して、裁判所を経由して訴訟する事も可能です。

 
裁判所の判断によって、停止させられることができたら、権利を取り戻せる可能性もあります。

 
市役所に所有権が移った後に、強引に市役所の所有権となっている家に住み続けると、

競売に関する妨害や公務執行妨害の容疑にかけられる可能性もあるのです。

 
また、家の中にある電化製品などに関する資産や貯金がある場合も全て市役所の所有権となってしまうのです。

 
結果的に家を失う事になってしまうのだから、アパートを借りたり、

知人や友人の家に寝泊りをするしか住む方法はないということです。

 
働けない事由などの生活が出来ない理由があるときは、生活保護の対象になる可能性もあるので、

市役所にしっかりと相談する事が第一です。

 

 

人気ブログランキング バナー

 

 

お問合せバナー

2014年5月6日

大切にしている不動産の物件には、財産として固定資産税という税金がかかります。

 
こちらはあくまでも国民の義務であり、きちんと支払いをしなければいけません。

 
しかし、何らかの理由で滞納を余儀なくされてしまった場合差押えの対象として通知がくるでしょう。

 
もちろん最初からくるわけではありません。

 
何度か催促の通知が来たり、市役所に呼ばれたりなどの対応はあると思います。

 
相続した不動産に対して、実は滞納があったり、経済状況などの理由で支払いが困難になってしまったり、

人それぞれ見えない事情はあるかもしれませんね。

 
そういった時には無視せずに、支払いをする意志を見せるのが大切なのです。

 
もちろん理由を話してみるのも良いでしょう。

 
万が一市役所に呼ばれることや、督促状を無視してしまうと、そのまま差押えとして通知がくるわけです。

 
しかし解除するためには、基本的に税金の完済が条件になります。

 
一括で支払うのが難しいという場合には、分割でも支払いを続ける姿勢を見せるべきですね。

 
それも難しい場合には、任意売却などの手段を考えましょう。

 
支払いをしないというわけではないので、きちんと市役所に相談をすれば、何らかの対応をしてくれる場合があります。

 
決してそのままにせずに、アクションを起こすことです。

 
解除するためには、どれくらいのスパンで税金を完済出来るのか、きちんと把握しておきましょう。

 
差押えの通知が不当な場合には、苦情課に話しをすることも出来るでしょう。

 

 

お問合せバナー

2014年3月24日

大切にしている不動産の物件には、財産として固定資産税という税金がかかります。

 
こちらはあくまでも国民の義務であり、きちんと支払いをしなければいけません。

 
しかし、何らかの理由で滞納を余儀なくされてしまった場合、差押えの対象として通知がくるでしょう。

 
もちろん最初からくるわけではありません。

 
何度か催促の通知が来たり、市役所に呼ばれたりなどの対応はあると思います。

 
相続した不動産に対して、実は滞納があったり、経済状況などの理由で支払いが困難になってしまったり、

人それぞれ見えない事情はあるかもしれませんね。

 
そういった時には無視せずに、支払いをする意志を見せるのが大切なのです。

 
もちろん理由を話してみるのも良いでしょう。

 
万が一市役所に呼ばれることや、督促状を無視してしまうと、そのまま差押えとして通知がくるわけです。

 
しかし解除するためには、基本的に税金の完済が条件になります。

 
一括で支払うのが難しいという場合には、分割でも支払いを続ける姿勢を見せるべきですね。

 
それも難しい場合には、任意売却などの手段を考えましょう。

 
支払いをしないというわけではないので、きちんと市役所に相談をすれば、何らかの対応をしてくれる場合があります。

 
決してそのままにせずに、アクションを起こすことです。

 
解除するためには、どれくらいのスパンで税金を完済出来るのか、きちんと把握しておきましょう。

 
差押えの通知が不当な場合には、苦情課に話しをすることも出来るでしょう。

 

お問合せバナー

 

2014年3月6日

ドラマなどで借金などを支払えない方が、民事執行法に則って、国から不動産などの財産を差し押さえ、

債務者が勝手に不動産などを売買できないようにすることを差押えといいます。

 
こうすることによって、債権者の権利が尊重され、債権者の権利を尊重し実現する為に行なわれる措置です。

 
これらは民事執行手続きといい、競売を実行する前の事前措置といわれています。

 
競売にかけられたら、安い値段で大切な財産を売られてしまいます。

 
何とかそれを阻止する為に世の中には相談にのってくれる所があるのです。

 
困っている時に、専門知識をもって、相談に乗ってくれる人や会社がある、

という事は、困っている人にとって本当に心強いものです。

 
特に友達などの素人と違い、専門知識を持った人ならば、債務者にとって最善の方法を提案してくれるからです。

 
少しでも大切な財産を守る為に、ただ差押えされるのを待つだけでなく、

少しでも自分で解決への糸口を見つけるのが、先決です。

 
こういった相談を承ってくれる会社は、お客様の気持ちを尊重してくれているので、

しつこい営業などもせず、場所によっては女性のコンサルタントもいるので男性だと話しづらい、

という方でも安心して相談する事ができると思います。

 
たくさんの事例を経験しているコンサルタントに一度相談する事によって、少しでもあなたの差押えられた不動産が、

良い形でお手元に戻ってくるか、もっと良い方法で運用できるよう是非、プロにご相談下さい。

 

 

お問合せバナー